いつまで大企業で消耗してんの?

転職成功までのプロセス、転職エージェントの感想、30代での転職の苦労、キャリア感、大企業から脱出する心構え、その他諸々について書いています。 新卒で専門商社(3年)→財閥系一部上場メーカー(9年)→ベンチャー

最終日

最終出社日を終えた。午前中は客先に引き継ぎの挨拶。会社に帰る前に東京駅の大丸で職場の同僚に配る焼き菓子を買って、昼飯を1人で食べて、会社に戻った。昼飯は10年間通い続けた寿司屋で食べた。

八重洲から丸の内に戻って、丸の内の駅舎を見ながらもうここで働くことは一生ないんだなんて考えながら会社に向かった。少し惜しい気持ちになるかと思ったけど、一区切りついた感の方が強かくてあまり感じなかった。

会社に戻って、初めて会う人事部門長から辞令をもらって、机の片付けをして、お世話になった人たちにメールを書いて、何人かと話して、就業時間が終わった後は同僚に挨拶をして回って終わり。

夜は中の良かった同世代の同僚と飲みにいって、帰って寝た。

今の会社に入った当時の上司に挨拶するときは泣きそうになった。が、ジメジメしていてもしょうがないので次の人生に備えよう。

広告を非表示にする