読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで大企業で消耗してんの?

転職成功までのプロセス、転職エージェントの感想、30代での転職の苦労、キャリア感、大企業から脱出する心構え、その他諸々について書いています。 新卒で専門商社(3年)→財閥系一部上場メーカー(9年)→ベンチャー

上場直後ベンチャーの面接

上場直後のベンチャー企業の経営企画職の応募を発見して、応募したところ書類が通ったので面接に行ってきた。



以下、感想。



面接官は同じ部署の担当。私より若そう。この若さで経営企画を一手に引き受けているらしい。さすがベンチャー



いきなり質問から聞かれたので戸惑ったが、考えていた質問をいくつかぶつけた。



その後、自分の経歴を話したり。最後に待遇の話があったがやはりベンチャーなので今の会社よりは給料は減りそう。働いてるみなさんは、みんな給料は減っている。成長期のベンチャーで様々な仕事を経験して、会社を大きくしていけるので、それを体験できる勉強料を支払ってると考えて給料の減額は飲み込んでいるそう。



今回は年収の提示まではなかったが、間違いなく数百万円単位で減りそう。


学んだこと

・質問は事前に準備すること。質問時間が多かった時のために、多めに準備すること。
職務経歴書に記載しているエピソードは具体的に語れるように準備すること。
・長所や短所も具体的な事例とともに語れるようにすること。
・自分の能力や経験をその会社でどのように活かせるのか、具体的に語れるようにしておくこと。


感想

仕事は魅力的だが、給料水準は低いのがベンチャー
給料が基準なら大手からの転職は難しいそう。