読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで大企業で消耗してんの?

転職成功までのプロセス、転職エージェントの感想、30代での転職の苦労、キャリア感、大企業から脱出する心構え、その他諸々について書いています。 新卒で専門商社(3年)→財閥系一部上場メーカー(9年)→ベンチャー

自分語り19 海外営業期

昔から英語が得意だったことと、海外で仕事がしたいという志向が強くて海外営業は憧れていた。私は中国市場の開拓を任された。日本で売れている製品を中国の顧客に販売するという仕事。中国市場は競合メーカーの独壇場で、そこに切り込む仕事だった。この仕…

事業計画書を書いた経験が役立っている

かつてトライして失敗したことが、全然予期してなかったところで役立つことがある。Steve JobsがYou can't connect the dots looking forwards, you can only connect them only looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connec…

ベンチャーに行ってよかったこと

社長にプレゼンして了承された新規事業の実現性を試すために、アライアンスを組みたいと考えている企業にコンタクトをしている。アポイントを取ると、ベンチャー企業の創業者とか上場企業の役員とか、前職では絶対に会えなかっただろうなって人たちに会える…

社長に事業企画をプレゼンした

例の社長へのプレゼンが終わった。自分が考えた事業企画をプレゼン。結果は、いいじゃないか進めろ、とのことだった。始めて前向きなコメントをもらうことができた。ここ数日は毎日考えたし、夢でも企画を練ってたので、報われてよかった。ちなみに前の大企…

大企業時代の思考パターンが抜けない

今のベンチャーに入って、定期的に社長に仕事の進捗をレポートしている。プレッシャーがかかるミーティングなんだけど、自分のやりたいことにGOをもらえるかもしれないチャンスだったりする。社長に報告するのでずっとどんなことを報告しようかと考えて生活…

地方移住して初めての連休

1月から転職して地方に住んで初めての連休。買ったばかりのエクストレイルで毎日家族でドライブに行っている。ドライブといっても30分くらいいくと国立公園とか、観光名所がある。お弁当を持って、お昼前に家を出て、公園でご飯を食べて、子供を遊ばせて…

3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」戦略

3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」戦略作者: 三宅孝之,島崎崇出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2015/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログを見る新規事業を考えるために読んでみた。大企業が大規模な新規ビジネスを生み出すための考…

風呂入りながら今後のことを考えた

日曜日。明日からまた1週間が始まる。夜近くのスーパー銭湯に行って、サウナに入って露天風呂で涼みながら今後のことを考えた。仕事を少しなめて考えてた。例えば簡単に提携先が見つかるだろうと思ってたけどそう簡単ではない。社内の人材も豊富なんだろう…

改めて仕事の厳しさを認識した

転職して3ヶ月目。新規事業をやってるんだけど、想像していたより前途多難だなってことがわかってきた。転職前は大企業で新規事業をやってて、自分もそうだけど、自分の上司や先輩や後輩も、新規事業なんて見つからなくてもそのうち会社は潰れないし、給料…

3ヶ月目

転職して三ヶ月目。なんかこのままでいいのかって気がして来た。簡単な仕事ではないし、こうやればいいっていうマニュアルがあるわけでもないので、本当に今やってることが正しいのか不安になって来た。正解がある仕事じゃないので、正しいとか正しくないと…

ビジネスモデルを見える化するピクト図解

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解作者: 板橋悟出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2010/02/19メディア: 単行本購入: 14人 クリック: 174回この商品を含むブログ (39件) を見るこれは会社で経営陣に報告する資料を作っているときに、とある会社…

確定申告

嫁が起業家で会社を辞めて個人事業主として働いている。この仕事を私も手伝っていて、銀行やベンチャー支援機関に出す企画書の作成とか経理的な仕事とかをやっている。今年は初めて確定申告をするので、今日は子供と遊びながら、一日確定申告をやっている。…

新規ビジネスをやる上で感じること

新規事業を考えるために、大企業の新規事業部の人とか、ベンチャーキャピタルとか、スタートアップの経営者に会うことが多くなった。思うのは、アイデアを持って、それを実現する青写真を持っていることが大事だってこと。これがないと話を聞いてもらえない…

ドライブ

新車が納車されたので家族でドライブに出かけた。高速を使って少し遠出していちご狩りに行ってきた。都内に住んでる時は、歩いて新宿御苑とか歌舞伎町に行けたので、車なんて絶対にいらないと思ってたんだけど、車のある生活も楽しいね。みんなもっと地方に…

東京出張終わり

2日間の東京出張が終わって家に帰ってきた。今付き合いがあるのは超大企業か超スタートアップと両極端なので、それぞれの会社とあってきた。この会社で事業を立ち上げようって野望があるので、一緒に事業をできないかって視点で話をしてきた。反応はなかな…

通勤ラッシュ

出張で東京に来ており久し振りに朝のラッシュを経験した。車通勤に比べると過酷でよくこんな生活してたなと恐ろしくなった。家畜みたいにぎゅうぎゅうに詰め込まれて人間的な生活じゃ無いよね。ほんと地方に行ってよかった。乗り降りするときにぶつかったお…

休日の過ごし方

先週は仕事が忙しかったので家に帰ったら子供達が寝ていて、朝は子供達が起きる前に家を出ていた。全然子供と触れ合う時間がなかったので、日曜日は上の娘を連れてドライブ。公園や温泉に連れて行って一緒に遊んだ。来週は新車が来るし、週末は子供と遊ぼう…

社長への報告

定期的に社長に新規事業の進捗を報告している。今回は3件報告して、2件の反応はいまいち。一件は進めろって話になった。どんどんいろんな企業に訪問して提携戦略を考えていこうと思っている。前の会社で、グループ企業の人たちと一緒にビジネスコンテストに…

一人ゴルフ

地方に来てやってみたかったことの一つが一人ゴルフ。SUVも買ったし、グルフクラブも東京から持って来てるし、やる準備は整っている。調べると車で40分くらいのゴルフ場で一人ゴルフを受けつけていることがわかった。3月からオープンなので早速やってみよう…

Hot Pepperミラクル・ストーリー リクルート式「楽しい事業」のつくり方

Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方作者: 平尾勇司出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2008/05/01メディア: 単行本購入: 19人 クリック: 342回この商品を含むブログ (39件) を見る読みました。今の会社では、イント…

子供が産まれました

2人目の子供が産まれました。転職して新しい生活が始まって、2人目の子供が産まれて、ついに本格的に新生活が始まる感じがする。転職したばかりで有給がほとんどないんだけど、有給を使って休ませてもらった。子供たちの今後のためにも仕事を成功させて暮…

大企業の癖が抜けない

転職して1ヶ月が立った。最初の緊張が解けていい感じで仕事に慣れてきた。もはや大企業ではないのでフットワーク良く自由に積極的に仕事をしていこうと考えて入社したんだけど、だんだん当初の気持ちが減ってきてしまった。前の会社は何をするにも誰かの許…

小さな会社だからできること

小さな会社で前例がないので、提案したことは大抵出来る。こう言う顧客に仮設段階だけど、こう言う仕掛けをして見たいとか言うと大抵やってみようと言ってもらえる。前の大企業だと、抵抗勢力みたいなやつがいて、これを確認したのかとか、誰々の許可とった…

経営パワーの危機を読んだ

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)作者: 三枝匡出版社/メーカー: 日本経済新聞社発売日: 2003/03メディア: 文庫購入: 21人 クリック: 99回この商品を含むブログ (51件) を見るMBAに入学する前に読んでた本。今の会社に入り社…

大企業からベンチャーに転職して良かったこと

ベンチャーに転職して半月経ったので考えていることを書いてみる。 経営者と直接話ができる 先日社長に呼ばれて、私が担当するミッションの進捗を直接レポートするように言われた。プレッシャーはあるが、こういう仕事をしたくて大企業をやめたので一つ夢が…

プロパンガスが高い

地方に引越して来て都市ガスからプロパンガスになった。プロパンガスの請求が来たんだけど鬼の様に高くてびっくりした。調べてみるとプロパンガスって中間マージンが乗ったり、輸送コストがかかるし、自由競争で事業者が価格を決められるから高くなるんだね…

自分語り18 第一回転職活動期

第一回目の転職活動はMBA2年目の在学中に始めた。時間もできたし、MBAで学んだ理論やフレームワークを実務で使いたいと思ったから。実際の仕事では、故障者として緩い仕事をしていて、それが不満でもあった。仕事が忙しいのは別にストレスではない。社内でパ…

カーディーラー

三連休最終日もカーディーラー巡り。ホンダ→マツダ→日産と巡った。何社もディーラーを回っていると各社の違いが見えてきて面白い。トヨタ→ラインナップが幅広い。ファミリーカーからSUVまで選択肢が豊富。ハイブリッド車で先行しているのでハイブリッドの選…

大企業を辞める前にやっておくことーローン編ー

この三連休は車を買うためにディーラーを回っている。 ローンを組む予定なんだけど、今の会社で働き始めたばかりなので、審査が通らないかもしれないといわれた。ローンの審査って勤続年数が聞いてくるらしい。 今まで気にしたことがなかったけど、大手から…

初3連休

転職してから初の3連休。まあ、今まで15連休くらいしてたのであまり変わりがない。田舎生活になって車2台が必須になったので、カーディーラー巡りをしている。1台は実家から持ってきて、今は出勤用に使ってるんだけど、今後嫁専用にする予定。もう一台は家…

自分語り17 MBA取得

前に書いたように私は学部時代は心理学を専攻して、将来は劇作家になろうと考えていた。その後、コネで社会人になった。そして、転職して経験豊富な高卒軍団にパワハラを受け、病んでしまった。今後ビジネスの世界で生きていくためには、本格的にビジネスに…

田舎暮らしのいいところ

そういけば先日散髪に行ったら、2000円くらいだった。都内で散髪しているときは4000円強だったので約半額。生活コストが安い!

初出社

初出社日。入社の手続きをして、職場に配属された。新入社員の時を思い出す。新年から新しい気持ちで新しい仕事に取り組めると思うと素晴らしい。気負いすぎず仕事に慣れていこうと思う。北国に来てから初めて朝に車に乗ったけど、凍っててどうやって出発し…

自分語り16 カウセリング後

カウンセリングは合計4回だった。最初に受けたのが2011年の5月。2回目が6月。3回目が8月。4回目が9月。部署の異動が7月。 2回目以降のカウンセリングの結果はEvernoteに記録していたので、当時のメモが残っている。2回目のカウンセリング(1ヶ月後の面…

自分語り15 カウンセリング

カウンセリングを受けろと言われたが、そこまで重症だという自覚はなかった。どうしようか考えている間に数日が過ぎた。その間もストレスは溜まって行った。自分なりに考えてベストだと判断した選択を、直接その仕事に関係ない上司から変更しろと言われたこ…

自分語り14 東日本大震災の影響2

土曜日の夜に東京に帰って来て、土日はネットでニュースをずっと見ていた。月曜日に出社して工場の被災が想像以上に激しいことがわかった。私は当時大手から小規模まで膨大な数のユーザーを担当していた。震災後の2、3日は被災へのお見舞いの電話が多くてま…

年越し

年末に長野に移住して来て、年末年始はずっと荷ほどきや生活必需品の買い出しなど、生活準備を行なっている。荷ほどきの途中で子供と遊んだり、買い物に行ったり、子供と1日中過ごすことができている。転職していなければ普通に年越しをしていると思うと不思…

自分語り13 東日本大震災の影響

パワハラで心が折れかけていたけど、なんとか仕事をしていた。その頃の私は度重なる人格否定で自分はダメな人間なんだと思うようになっていた。今思うと心理学で言うところの学習性無気力という状態だったんだと思う。学習性無気力(学習性無力感)とは、ア…

自分語り12 嫁と出会って結婚した話

今の嫁と出会ったのもなかなか運命的だったと思っている。転職して当時付き合っていた彼女と遠距離恋愛になって、そのうち別れてしまった。その後、寂しくなって合コンに通いだす。実家に帰ったので、周りには高校の友達が沢山いた。高校の同級生の間で合コ…

リクルートキャリアの最後のアドバイス

リクルートキャリアのアドバイザーからメールが来ていた。サポートが最後なのでアドバイスが書かれていた。中途採用者は、周りから即戦力として期待されるし、自分も新入社員じゃないんだからと気合を入れ過ぎてわからないことを質問できなくて悶々とするこ…

移住

東京から長野に引越して来た。移住2日目で荷解き中。初日は午前中に荷物の搬入。午後から市役所に行って転入届を提出。子供手当の申請と、妻が2人目妊娠中なので母子手帳の引き継ぎを行った。長野は妊婦も障がい者向けの駐車場を使えるらしくて、許可証を…

送別会

昨日は最後の送別会。会社の同僚が有志で送り出してくれた。何度も送別会を開いてもらって嬉しい。悲しいけどついに最後の日が来てしまった。話していて、順調に仕事をしていると思っていたみんなが、それぞれ個別の悩みを抱えてるんだなということがわかっ…

自分語り11 転職後

意気揚々と次の会社に移った。職場は丸の内だったので、大学時代から社会人4年目まで8年間過ごした関西を離れた。会社へは横浜の実家から通った。当時京都に学生時代から付き合っている彼女がいたけど、遠距離恋愛になってしまった。専門商社から丸の内の財…

プルーフ・オブ・ヘブン 脳神経外科医が見た死後の世界

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界 作者: エベンアレグザンダー,Eben Alexander,白川貴子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/10/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (20件) を見る 臨死体験の研究第2弾。 これは世界的に…

自分語り10 一度目の転職活動

最初にリクナビネクストに登録した。その後リクルートエージェントに登録した。転職活動期間は半年くらいだった。転職活動をしていた時期は2007年ごろ。リーマンショックの直前で景気は上昇していた。企業の人勢も不足し始めていた。就職氷河期時代に新卒を…

ここ数日

ここ数日は会社関係の人たちに送別会を開いてもらって毎晩飲んでいる。昼は引越しの準備をして、夕方から出かけて飲んで夜中に帰って来る生活。あまり人と触れ合うのが得意じゃなかったけど、いろんな人に送ってもらえて嬉しい。パワハラで追い詰めるのも人…

36歳で退職した一部上場企業サラリーマンの退職金公開

最終日なので退職金の額が通知された。みなさん気になると思うので参考に公開します。退職金:618,000円 確定給付企業年金:372,000円合計で990,000円。中途入社なので勤続9年4ヶ月。 そのほかに確定拠出年金が70万円くらいあるけど、これは次の会社に引き継…

最終日

最終出社日を終えた。午前中は客先に引き継ぎの挨拶。会社に帰る前に東京駅の大丸で職場の同僚に配る焼き菓子を買って、昼飯を1人で食べて、会社に戻った。昼飯は10年間通い続けた寿司屋で食べた。八重洲から丸の内に戻って、丸の内の駅舎を見ながらもうここ…

最終出社日

明日が最終出社日になる。辞めていった人たちのことを思い出すとみんなお菓子を配って最後の挨拶をしていた。辞めるときにお菓子を配るルールでもあるのかなと思って調べてみると、結構ホームページが見つかった。退職の挨拶時にお菓子(手土産)を配るとき…

よくわかる人工知能

d.hatena.ne.jp 次の会社に行くまでの間の時間は家族との時間と勉強に使うことにしている。次の仕事では新規事業の立ち上げを行う。新規事業といえばAI、IoT、ビッグデータ、ロボットなんかがキーワードになる。というわけでここら辺の最新の情報を仕入れた…