読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

36歳からの転職ブログ

転職成功までのプロセス、転職エージェントの感想、30代での転職の苦労、キャリア感、大企業から脱出する心構え、その他諸々について書いています。 新卒で専門商社(3年)→財閥系一部上場メーカー(9年)→ベンチャー

確定申告

嫁が起業家で会社を辞めて個人事業主として働いている。この仕事を私も手伝っていて、銀行やベンチャー支援機関に出す企画書の作成とか経理的な仕事とかをやっている。

今年は初めて確定申告をするので、今日は子供と遊びながら、一日確定申告をやっている。何から手をつけていいかわからないので、ネットで色々調べてみた。

最初に会計ソフトの弥生がクラウドで確定申告用のサービスを提供していたので登録してみた。銀行の取引履歴などを取り込む機能があるんだけど、なんとMac OSに対応していなかった。我が家にはMacしかないので、そこで断念した。

freeeの提供しているサービスならMacでも問題ないのでこちらに登録してみた。銀行口座とカード口座の取引履歴をダウンロードして、仕分けを始めた。今日中になんとか片付けたい。

新規ビジネスをやる上で感じること

新規事業を考えるために、大企業の新規事業部の人とか、ベンチャーキャピタルとか、スタートアップの経営者に会うことが多くなった。思うのは、アイデアを持って、それを実現する青写真を持っていることが大事だってこと。これがないと話を聞いてもらえない。

自分は今の会社の資産を使って、こういう事業をしたい、だから、こういう力を求めている。あなたの会社はこの話に乗りますか?くらい言わないとビジネスは進まない。

何が言いたいかというと、ただのサラリーマンではなく、起業家として生きていかないと、先につながらない。起業家としてヒトモノカネを集めて、自分の事業を進めるという気持ちでやっていこう。

ドライブ

新車が納車されたので家族でドライブに出かけた。高速を使って少し遠出していちご狩りに行ってきた。都内に住んでる時は、歩いて新宿御苑とか歌舞伎町に行けたので、車なんて絶対にいらないと思ってたんだけど、車のある生活も楽しいね。みんなもっと地方に住むべきだと思う。

土日で事業計画を立てようかと思ってたんだけど、家族で過ごす時間が多くて仕事をする気が起きない。家族が寝静まった後にやろうと思っても、いつの間にか自分も寝てしまう。

これからの課題は子供が寝た後の時間を有効に使うことだな。

今日は暖かいので、庭に椅子を出して日向ぼっこしつつ、庭で遊ぶ子供を見守りながら、MacBookでドヤ顔しながらブログを書いてます。都内のスタバでドヤるのも良かったけど、田舎で自然の中でドヤるのもなかなかすばらいい。幸せだなあ。

東京出張終わり

2日間の東京出張が終わって家に帰ってきた。今付き合いがあるのは超大企業か超スタートアップと両極端なので、それぞれの会社とあってきた。この会社で事業を立ち上げようって野望があるので、一緒に事業をできないかって視点で話をしてきた。反応はなかなか良かった。

事業計画を書いて、クラウドファウンディングで資金を集めたいと思っているので、なんとかそこまで進めたいな。

通勤ラッシュ

日記

出張で東京に来ており久し振りに朝のラッシュを経験した。車通勤に比べると過酷でよくこんな生活してたなと恐ろしくなった。家畜みたいにぎゅうぎゅうに詰め込まれて人間的な生活じゃ無いよね。ほんと地方に行ってよかった。

乗り降りするときにぶつかったおばさんに舌打ちされたし。他人に聞こえるようにいい年のおばさんが舌打ちするとか、病んでるんじゃないのか?

なるべく長く地方にとどまっていたいな。

休日の過ごし方

日記

先週は仕事が忙しかったので家に帰ったら子供達が寝ていて、朝は子供達が起きる前に家を出ていた。全然子供と触れ合う時間がなかったので、日曜日は上の娘を連れてドライブ。公園や温泉に連れて行って一緒に遊んだ。

来週は新車が来るし、週末は子供と遊ぼうと思う。田舎はこういうところがいいよね。

社長への報告

日記

定期的に社長に新規事業の進捗を報告している。今回は3件報告して、2件の反応はいまいち。一件は進めろって話になった。どんどんいろんな企業に訪問して提携戦略を考えていこうと思っている。

前の会社で、グループ企業の人たちと一緒にビジネスコンテストに出場するプログラムがあって、私はそれに参加していた。そこでいろんな企業で新規事業をやってますって人と繋がりができているので、そのツテを頼って面会にいこうかと計画中。

しかし、前の会社に名刺を全部置いて来てしまったので、連絡先が話からない。LINEで繋がっている人に聞いてみようと思う。前の会社と関係を切りたかったから名刺を置いて来たんだけど、全部持って来ればよかった。